現場改善ヒント提案する現場改善コーチです

あなた一人で手抜きでできる楽々改善。楽に楽しく現場改善しましょう! 楽々改善舎
1人で学ぶ
あなた一人で、手抜きでできる「ムダなし楽々改善
【18】 パソコン作業のムダをなくす
パソコン作業は色々なケースがあります(A012,A013,A014,A015,A17)が、エクセルやワードで文書を作成する場合を考えてみます。
マウスを使うことが多いでしょう。
しかし、ムダが発生しやすいです。

マウスは画面を見ながらカーソルを位置決めするので、かなり神経を使う作業です。
眼を凝視し、肩こりなどを起こしがちです。

ムダを防ぐには、マウスを使わないで作業するのがコツでとなります。

例えば、マウスを使って文字をコピーする場合・・・
「範囲設定 → 右クリック → コピー → コピー先に移動 → 右クリック → 貼付」
マウスを6回操作することになります。
右クリックを使わないで、ツールバーを使う人の場合は、マウスの移動がもっと大きくなります。

そこで、提案です。
「ショートカットキー」を使うと、かなり早く操作ができます(A005)
コピー作業の手順は、
「範囲設定 → [CTRL]+[C] → コピー先に移動 →[CTRL]+[V]」
で、できます。マウスの操作は、2回だけになります。

ショートカットキーを覚えていると便利なのです。

[CTRL]+[C] コピー
[CTRL]+[V] 貼付
[CTRL]+[X] 切り取り
[CTRL]+[S] 上書き

他にもたくさんあります。
「ショートカットキー」だけで、本が出版されている位です。
いくつかを使えるようになると、キーとマウスの間の手の移動がなくなるので早く楽に操作ができます。

余談にはなりますが・・
作業性がよくない例として、右手はマウス、左手だけでキーボードを操作する・・・
キーボードは両手で操作しましょう(A008)。

過去に、同じ入力作業をマウスを使う/使わないの場合で測定してみたことがあります。
自分比ですが、5分ぐらいの入力作業で、マウスを使わない方が約20%速くできました。

ついでに、もう一つ!!
パソコンのシャットダウンは、
「[Win(ウィントーズのマークのことです)] → [→(右矢印)] → [ENTER]」
の3つのキーだけでできます。
 
     
前ページへ 目次へ 次ページへ
   
copyright (c) 2016 楽々改善舎